既卒の就活 採用をもらうために大切になるポイント

既卒の就職・就活ポイント

既卒からでも就職を決めることは十分に可能!

現在、既卒から就職を目指している方へ。

『納得できる就職をしたいけどどう就活を行っていいかわからない』
『既卒の就職は不利になるって本当?』
『どう就活を行なえば採用をもらうことができるの?』

このような不安や悩みを抱えている人は多いことでしょう。

既卒からの就職。難しいイメージをお持ちの方も多いと思いますが、既卒からでも就職を決めることは十分に可能です。

有利に就活を行うポイント。採用をもらうポイントをしっかり押さえてから就活を行えばスムーズに就職を決める事ができます。

ここでは現在、既卒から就職を目指している方へ、採用をもらうために大切になるポイントをご紹介しています。また、既卒の就職をサポートしてくれる就職支援サービスも併せてご紹介しています。是非、参考にしてほしいと思います。

既卒の就職は本当に不利なの?

既卒の就職率はどのくらい?

2018年度マイナビの就職活動調査よると既卒3年以内の就職率はおよそ55%。2人に1人が就職を決める事ができているという事。

この55%という数字が高いのか、低いのかは一概には言えませんが、ネガティブになる必要はないでしょう。

諦めずに就活を行えば就職を決める事はできます。

新卒採用枠で既卒を採用している企業も年々、増えていて、状況も変わりつつあります。

また、今では既卒の就職をサポートしてくれる就職支援サービスも数多く誕生しています。あなた目線になって就職をサポートしてくれるのでポジティブに就活を行って採用を勝ち取ってほしいと思います。

既卒という不利な状況を覆すために行う事

既卒でも就職しやすい環境になっている現在、しかし、同じ求人には新卒者や業界経験者もエントリーしています。こうした相手と天秤にかけられたらやはり既卒は不利になってしまいます。

この不利な状況を覆して有利に就職を決めるためにも、既卒になってしまった理由、空白期間なにをしていたのか、この2つを明確にしましょう。

ここの部分を明確にして企業の採用担当者が納得できる理由を作れば既卒という不利な状況を覆すことができます。

本当にやりたいことを見つけるため、本当にやりたいことを仕事にするために既卒になった。大学卒業後、バイトをしてスキルを身に付けていた、自分に合った求人を見つけるために就活を行っていた、というような理由を志望動機や自己PRで企業に伝えることができれば企業側は既卒でも新卒や業界経験者と同じステージで人選を行ってくれることでしょう。

企業選び、求人選びのポイント

既卒を新卒採用枠で募集・採用している企業求人にエントリーする

上記でも述べましたが、現在の求人市場は以前と違って既卒を新卒採用枠で募集・採用している企業求人が増えています。

既卒3年以内なら新卒採用枠で採用してくれますので、こうした企業の求人に的を絞って求人探しを行えばスムーズに就職を決める事ができます。

既卒の就職をサポートしてくれる就職支援サービスを利用することで既卒向けの求人を豊富に見つける事ができ、既卒を新卒採用枠で募集・採用している企業求人も見つかりやすくなるので既卒の就職をサポートしている就職支援サービスを利用して企業選び、求人探しを行う事を強くおすすめします。

自分に合った仕事を見つけ、その企業でなにをしたいのかを明確にする

企業は人材募集をする時、まずミスマッチングを防ぐことを重要します。

書類選考や面接を行ってそのエントリー者が本当に企業が求める人物像なのか、マッチングした人材なのかを見極めます。

ですので、こちら側も自分に合った仕事なのかを求人にエントリーする時に見極めなければなりません。

自分に合った仕事、本当にやりたい仕事だと志望動機や自己PRでも自分のことをしっかりアピールすることができ、採用に大きく近づくことができるでしょう。

企業の採用担当者は人選のプロです。エントリー者が本当に企業が必要としている人材なのかを見極められることができるので自分に合った仕事を見つけることは重要です。

また、その企業でなにをしたいのかを明確にすることも必要です。

志望動機がただ自分に合った仕事だからというだけでは他の企業でもいいのではという疑問を採用担当者にもたれてしまうのでその企業の特徴をしっかり把握し、その企業でなにをしたいのかも併せて採用担当者に伝えるようにしましょう。

そうすることで仕事への熱意が高い、企業研究をしっかり行っている、というプラスの評価を得る事ができるので必ず自分に合った仕事を見つける、その企業でなにをしたいのかを明確にする、この2つのことをしっかり頭に入れて志望動機と自己PRを作成しましょう。

就職支援サービスを利用して求人探しを有利に行う

先ほどから何度も述べていますが、現在、既卒の就職をサポートしてくれる就職支援サービスが数多く誕生していて既卒からでも就職しやすい環境が整っています。

就職支援サービスには就職サポートのプロと呼ばれている就職アドバイザーがいて既卒者の目線になって就職をサポートしてくれます。

カウンセリングでどんな仕事があっているのかをヒアリングし、求人探し、履歴書の添削、面接対策をしっかり行ってくれます。

その上、実績がしっかりある就職支援サービスには実に豊富な就職成功ノウハウがあります。自分一人では収集することができない就職成功ノウハウも収集することができるので断然、有利に就職を決める事ができます。

就職アドバイザーに細目に連絡を取り合い、情報収集をしてひとつでも多くの就職ノウハウを収集しましょう。そして、収集した就職ノウハウを自分の就職に活かし、既卒からの就職を成功させてほしいと思います。

就職成功の実績がしっかりあって既卒の就職をサポートしているおすすめの就職支援サイトは、

⇒就職Shop
⇒DYM就職
⇒ジェイック

この3つの就職支援サービスは業界でもトップクラスの実績を持っている就職支援サービス。20代向けの就職支援サービスになります。

万全なサポート体制であなたの就職をサポートしてくれます。そして、就職を成功へと導いてくれます。

現在、既卒から就職を目指しているフリーターさんには上記でご紹介した3つの就職支援サービスを味方に付けて有利に就職を決めてほしいと思います。