就職 悩み・不安

社会不適合者は就職できる?ピッタリの仕事ってなに?


社会不適合者でも自分に合った仕事を見つける事ができれば就職は成功する!

社会不適合者にピッタリの就職先はどこ?

ここでは社会不適合者の就職についてご紹介しています。社会不適合者にピッタリの仕事、社会不適合者の就活方法、そして、社会不適合者の特徴を以下にまとめてみました。

社会不適合者だとしても自分に合った仕事を見つける事ができれば就職は成功します。長期に渡って働き続ける事もできます。

世の中には様々な仕事があり、特徴もそれぞれで異なってきます。自分の性格・人間性にピッタリの仕事を見つけることができればスムーズに就職を決める事ができるので自分の性格、人間性をしっかり把握してから就活をスタートすることがおすすめです。

そもそも社会不適合者ってどういう人?

「仕事がうまくいかない・・・」
「良好な人間関係を築けない・・・」
「他の人ができているのに自分だけできない・・・」

このような状況に陥ってしまうと自分は社会不適合者なのではないか?という疑問を感じてしまう事があると思います。

でもこれだけで社会不適合者だと判断するのは速いです。

社会不適合者には共通した特徴があります。以下でご紹介する事に多く当てはまっている場合は社会不適合者の可能性があるので確認してみてください。

周囲の人とコミュニケーションがとれない

社会不適合者の大きな特徴として挙げられるのが周囲の人とコミュニケーションが取れないということ。

仕事をする上でコミュニケーション能力はとても大事なものです。

特に営業のお仕事や周囲の人との連携が求められるお仕事(主にサービス業)はコミュニケ―ション能力が必須になります。

もし相手や周囲の人とうまくコミュニケーションがとれない、良好な人間関係を築けない、周りの人に相手にされない、というような状況に陥りやすい人は社会不適合者の可能性が高いです。

何事にもだらしない

社会人には必要最低限の常識があり、常にこの常識を持って社会人生活を送らなければなりません。

服装や身だしなみ、時間厳守、礼儀、立ち振る舞い、様々なマナーや常識がありますが、社会不適合者は何事にもだらしない傾向があります。

社会人にふさわしくない服装や身だしなみ、時間にルーズなど、会社に注意されてもなかなか改善が見られない人は社会人として失格の烙印が押されます。結果、社会不適合者と思われてしまうんですね。

人間不信、人嫌い、協調性がない

先ほど、述べたコミュニケーションがとれないという事と同じですが、社会不適合者は人間不信、人嫌い、協調性がない、という特徴もあります。

常に人に疑いの目を持ち、そして、他人には全く興味を抱かない、そのため周囲の人と協調性をもつことができず、周囲からも信頼を得る事ができません。

社会人には周囲の人との関わりは絶対に避けられません。どんな仕事でも周囲の人とコミュニケ―ションを取る事が求められてくれるので人間不信、人嫌い、協調性がない、という社会不適合者は社会で仕事をすることがどうしても難しくなってしまいます。

社会不適合者の就職

社会不適合者でも就職できる?

気になる社会不適合者でも就職できるのか?という疑問。

まず、結論から言うと社会不適合者でも就職する事は十分に可能です。ただ、求人探しの範囲は限られてくるので就職は不利になってしまうでしょう。

社会不適合者は周囲の人とうまく人間関係を築く事ができない傾向があるので営業のお仕事やサービス業などのお仕事は不向きになり、黙々と一人で作業を行う仕事や自分一人で行える仕事しか選択肢がなくなってしまいます。

求人探しの幅が狭くなるとそれだけエントリーできる求人も限られてくるため就職が不利になってしまう訳です。

しかし、先ほども述べたように社会不適合者でも就職を決めることは十分に可能です。

今では就職をサポートしてくれる就職支援サービスや転職エージェントも数多くあり、就職できる環境はしっかり整っています。

就職をサポートしてくれる就職アドバイザーは利用者の目線になって就職をサポート(求人の紹介、就活サポート)してくれるので社会不適合者でもスムーズに就職を決める事ができます。

社会不適合者にピッタリの仕事ってなに?

フリーランス、起業

周囲の人とうまく人間関係を築けない。そんな不適合者にピッタリの働き方がフリーランス、起業です。

自分のペースで仕事をする事もできますし、今ではクラウドワークスといってインターネット上で仕事のやり取りを行なえる働き方もあります。

人と接することが苦手な人でもネット上でメールのやり取りならできる人は多くいると思いますのでこうしたクラウドワークスで生計を立てている人は意外と多いんですね。

スキル次第ではフリーランスを経て起業することも可能ですのでフリーランスで働く、起業する、という選択肢も入れながら仕事探しを行なってほしいと思います。

在宅ワーク

在宅ワークも社会不適合者にはおすすめできるお仕事になります。

先ほど述べたように今ではクラウドワークスという働き方もあります。

ネット上で仕事の受注を受ける事ができ、直接人に会うこともありません。様々な選択肢から自分にできる仕事を選ぶ事ができ、自宅で仕事をする事もできますし、自分のペースで仕事をする事もできます。

連絡もすべてメールで済ませることができるので人付き合いが苦手な社会不適合者にはピッタリのお仕事になると思います。

プログラマー、エンジニア

一人で黙々と作業でいるプログラマー、エンジニア。周囲の人とコミュニケーションを取る事も求められてきますが、他の仕事よりは社会不適合者に向いている仕事になります。

実際に現在、プログラマーやエンジニアとして活躍している方の中にはコミュニケ―ションがうまくとれない、人見知り、口下手、という人も多いです。

常にパソコンと向かい合って黙々とプログラミングを組んでいく、自分一人の世界に入って仕事をしていくことができます。

期間工・工場勤務

社会不適合者の人に人気のあるお仕事が工場勤務のお仕事。

期間工という働き方があり、求人も多く見つける事ができるのですぐに仕事を見つける事ができるでしょう。

期間工は主に自動車の部品やパーツ、電気機器の部品を製造するお仕事になります。ライン作業で黙々と仕事をこなしていくことになるので人間関係に気を遣うこともないです。

期間工や工場勤務で働く周囲の人もどちらかというとコミュニケーションが取る事が苦手な人が多いので人間関係を気にする事なく仕事を行なっていく事ができます。

求人によっては住み込みで働ける求人や高収入の求人もあるので一度、期間工の求人、工場勤務の求人に目を通してどのような求人があるのかを確認してほしいと思います。

自己分析をしっかり行なうことが社会不適合者の就職ポイント

先ほどから何度も述べていますが、社会不適合者でも自分に合った仕事を見つけることができれば就職は成功します。

上記でご紹介した社会不適合者におすすめのお仕事はごく一部になるので入念に求人を見て自分に合った仕事を探してほしいと思います。

ただ、自分に合った仕事ってなに?自分に合った仕事がわからない、という方もいる事でしょう。

そんな方にはまずは自己分析をして自分の性格や人間性、長所や短所をしっかり把握してみてください。

お仕事探しをしている時、自己分析をする事は必須です。客観的に自分の事を見ることでおのずと自分に合った仕事が見えてくるんですね。

例えば、モノづくりが好きという方は期間工や工場勤務のお仕事がピッタリですし、IT業界やWEBの仕事に興味があるという場合はエンジニアやプログラマーの仕事を選択すればいいでしょう。

他にも自分一人で仕事をしていた方が仕事がはかどる、仕事のモチベーションを維持できるという場合はフリーランスや在宅ワークのお仕事が合っています。

このように自己分析を行うと効率よく自分に合った仕事を見つけることができるのでまずは自己分析を行なってみましょう。

これまでの人生を振り返り、どんな事に興味を持っているのか、得意なことはなにか、やりがいを感じる事はなにか、様々な視点から自分を見つめ直し、自分の事をどんどん探っていきましょう。