試用期間内に退職したらどうなる?

試用期間内の退職は避けるべきか?

試用期間内の退職は安易に考えないほうがいい

採用され雇用された時、まず試用期間というものが設けられます。

この試用期間は、企業と雇用されている人、双方が仕事を続けて問題ないかを見極める期間になります。

企業側は雇用されている人が今後も仕事をこなしていくことができるか、企業に貢献してくれる人材なのかを見極め、雇用されている人はこの先も働き続けて問題ない企業なのか、自分に合った仕事なのかを見極める期間になるんですね。

試用期間の期間は企業によって様々ですが、多くの企業が試用期間は1ヵ月~3ヶ月と定めています。稀に1年という長期間の企業もあります。

試用期間内は本採用ではなく、企業は最初の14日以内なら解雇予告や予告なしで即日解雇することができるということでどちらかというと企業側に有利な制度になるんですね。

雇われている人は試用期間であっても雇用契約を企業と結んでいるため簡単に退職できる訳ではなく、雇用契約に準じて退職手続きをしなければなりません。

その上、試用期間内に退職をするとデメリットになることも多々あるんですね。

試用期間に退職するデメリット

再就職・転職が不利になる

試用期間内に退職をすると、その次の転職や再就職が不利になってしまう傾向があります。

入社してすぐに退職をしたとしてもそれはしっかり経歴として残ります。雇用保険に加入すると加入履歴が残り、隠していても後になってバレてしまう事もあります。

短期間で離職することがどのくらいのリスクになるかは人材募集をしている企業によって変わってきますが、短期間で離職した経歴がある人を気嫌う企業や気にする企業は実に多いです。

正当な理由があって試用期間内に退職をした場合は企業側も納得してくれますが、なにも理由がない場合や安易な理由の場合は大きなマイナス評価に繋がってしまう傾向があるんですね。

そのため、転職や再就職はどうしても不利になってしまう傾向があり、なかなか仕事が決まらないというデメリットが生じてしまいます。

また一から就職活動を行う事になる

退職をしたら次の仕事を見つけるために就職活動をしなければなりません。

就職活動はそう簡単なものではありません。採用をもらうまでに時間もかかりますし、それ相当に苦労もします。

苦労して長い時間をかけてせっかく勝ち取った採用。すぐに退職をしてしまうとまた同じ苦労をしなければなりません。

本当に辞めたい理由がない限りはすぐに退職をすることを考えずに、できるだけその仕事に慣れる努力、その仕事をこなす努力をしましょう。

仕事に慣れてしまえば案外、仕事は続けていけるものです。

人間誰でも初めのうちは慣れない環境や慣れないことをやるとどうしても現実から逃げたくなるものです。嫌な事があるとすぐに逃げ出すのではなくまずは仕事を続ける努力をしましょう。

大きな壁を乗り越える事ができれば人間として、社会人として一回りも二回りも成長することができますよ。

周囲の知人や家族、そして世間体にも悪い印象が残る

仕事をすぐに辞める人間に良い印象を持つ人は少ないです。むしろ、悪い印象を持つ人の方がい多いでしょう。

すぐに仕事を辞めてなにを考えているんだ、次の仕事が見つかってもどうせ長続きしないだろう、社会人としてあり得ない、こうしたネガティブな印象を与えてしまいます。

人間というのは悪い印象が一つでもあるとその印象が根付いてしまい、その人のことを勝手にどんな人間なのかを判断してしまうんですね。

また、仕事というのは長期に渡って働き続けることが当たり前という世間体もあります。

世間体を気にする人は多く、周囲に世間体を気にする人がいる場合、避けられたり、陰口を叩かれたりしてしまい肩身の狭い思いをすることになります。

試用期間内に退職をしてしまうとこうしたデメリットもあるということを頭に入れておきましょう。

次の転職先は慎重に選ぶこと!

企業研究は入念に!どんな企業なのかを見極めてから求人にエントリーする

試用期間内に転職をした人。次の転職先は慎重に選びましょう。

転職を安易に考えていると何度も同じことを繰り返してしまう事になるので注意が必要です。

求人を探す時は企業研究を入念に行い、その企業がどんな企業なのかをしっかり見極めてからエントリーすることが大事です。

就業後のミスマッチで早期退職する人は少なくはありません。上記でご紹介してきたように試用期間内の退職や早期退職はデメリットやリスクになることが多々あります。

最悪の場合は次の転職先が見つかりづらい状況に陥ってしまうので、できる事なら1回の就職で長期に渡って働き続ける事ができる企業に就職する事。

後になって後悔して遅いので、求人探しから慎重に就職活動を進めていきましょう。

優良企業の求人を豊富に扱っている就職支援サービスを利用するのがおすすめ!

後悔のしない就職をするためにも、早期退職を防ぐためにも、優良企業の求人を豊富に扱っている就職支援サービスを利用することをおすすめします。

現在、求職者の就職を支援してくれる就職支援サービスが数多く誕生しています。

就職支援サービスはブラック企業の求人や離職率が高い求人を扱っていると悪い評判が広がり、利用者の数に直結してしまうので求人を掲載する際には審査を設けてその企業が優良企業なのかを見極めます。

そのため一般的な就職サイトや転職サイトよりも多くの優良企業の求人を見つける事ができるんですね。それぞれの就職支援サービスでは独自のルートで入手した独占求人や非公開求人も扱っており、この独占求人や非公開求人に優良企業の求人が多く含まれています。

このように就職支援サービスは後悔のしない就職をサポートしてくれるので就職支援サービスを利用して後悔のしない就職を行ってほしいと思います。

以下でご紹介している3つの就職支援サービスは業界でもトップクラスの求人数、就職支援実績を誇る就職支援サービスです。

優良企業の求人も豊富に見つけることができるので一度、これらの就職支援サービスに掲載されている求人に目を通してみてください。

就職Shop

DYM就職

ジェイック