求人市場で需要が高くなっている第二新卒求人。第二新卒を欲しがっている企業が増えている!

今は第二新卒でも有利に就職を決められる!

第二新卒を積極的に募集・採用している企業が増えている

第二新卒の就職と聞くと、難しい、不利、というような印象を持ってしまいますが、今は違うんですね。

第二新卒を積極的に募集・採用をしている企業が増えてきており、第二新卒向けの求人を豊富に見つける事ができます。

新卒求人や中途採用の求人と同じくらいの求人数を見る事ができ、転職市場でも第二新卒向けの求人は需要が高くなってきているので積極的に求人探しを行えば有利に就職を決める事ができるでしょう。

ここでは第二新卒の就職についてご紹介しています。現在、就職や転職を望んでいる第二新卒の方に目を通してもらいたいと思います。

そもそも第二新卒の定義とはなにか?

第二新卒には定かな定義はありませんが、

「学校等を卒業して一旦就職したが、短期間のうちに転職を志す者」の事を指します。

学校を卒業後したが、1~3年で退職、もしくは転職を考えている人が第二新卒と認識されていますね。

新卒として就職後、なにかしらの事情(就業後のミスマッチ、社会に慣れなかったなど)で退職する人は実に多く、再度、就職を目指す時、学校を卒業後1~3年、年齢で言うと25歳前後だと第二新卒として就職することができます。

先ほどご紹介した通り、第二新卒向けの求人は現在多くなっています。スムーズに再就職を行う事ができるので積極的に就職活動を行って再就職を成功させましょう。

なぜ企業は第二新卒を欲しがっているのか?

先ほど、第二新卒を積極的に募集・採用している企業が増えてきているとご紹介しましたが、なぜ企業は第二新卒を積極的に募集・採用するようになったのでしょうか。

企業が第二新卒を積極的に募集・採用する理由は以下のことになります。

第二新卒は新人教育が必要ない

第二新卒は一度、就職した経験があり社会人経験があります。新卒で入社した企業で新人教育を受けているので社会人に必要な最低限のマナーやビジネススキルを身に付けています。

そのため新卒を採用するよりも第二新卒を採用したほうが教育にかかるコストを削減でき、このことは企業にとって大きなメリットになります。

第二新卒の採用は離職率が低い

第二新卒として就職してくる人は自分の適性を把握していることが多いです。社会人経験があるため自分に合った仕事はなにかという事を把握できているんですね。

ですので、二度目の就職は自分に合った仕事に就職する傾向があり、入社してすぐに退職をすることは少ないです。

企業側からすると入社してすぐに退職されることは避けなければならないことです。またすぐに募集をしなければなりませんし、社員の出入りが多いと応募者には悪い印象を与えかねません。

離職率が低い第二新卒の採用は企業にとっては大きなメリットになり、こうしたことも企業も第二新卒を積極的に募集・採用する理由になります。

第二新卒の採用は即戦力になる人材を確保できる

第二新卒は社会人経験があり、同業種が前職だった人材を採用すれば即戦力になります。

先ほどご紹介した新人教育にかかるコストを削減できる他にも即戦力になってくれる人材を確保できれば企業としては一石二鳥です。

新卒を採用して新人教育を行い、その後に仕事を一から教えるという大きな手間を省くことができるんですね。

新卒採用で確保できなかった人材を確保できる

新卒採用で人材を募集しても十分に人材を確保できない企業は少なくはありません。特に中小企業は新卒の人材確保に苦労する傾向があります。

新卒の方は比較的、大きな企業に就職をすることを望み、大手企業や有名企業に就職することを第一希望にしています。

新卒者を確保したくても確保できない時に第二新卒採用も取り入れれば確保できなかった人材を確保することができるという事です。

第二新卒の就職ポイント

企業研究、業界研究は入念に!

就職を成功させるには企業研究、業界研究を入念に行う事は必須です。

最初に就職した企業で失敗した人は特にです。同じ過ちを繰り返してしまうとまたすぐに転職をしなければいけない状況に陥ってしまうので企業研究、業界研究を入念に行ってその業界、企業が本当に自分に合った企業なのかを見極めましょう。

就業後のミスマッチで退職をする人のほとんどの人が業界研究、企業研究を怠っている人です。

何度も就職、転職を繰り返していると経歴に傷がついてしまう事になるので就職を安易に考えないで、慎重に企業選びを行いましょう。

先ほども述べましたが、就職を成功させるには企業研究、業界研究をすることは必須です。後になって後悔をしないためにも入念に企業研究、業界研究を行って、本当に自分に合った企業なのかを見極めてから求人にエントリーするようにしましょう。

自分自身のアピールがしっかりできている!

第二新卒の就職だけに限らないことですが、自分自身をしっかりアピールすることも就職成功の大きなポイントになってきます。

前職で経験したことや身に付けたスキルをしっかり整理して企業にアピールしましょう。

その企業で活かせるスキルや経験がある場合は積極的にアピールして即戦力になることをアピールしましょう。もしアピールすることが少ない場合は学生生活での経験でもいいです。企業の仕事内容や社風を探りながらアピールできることを探しましょう。

転職先で何がしたいか、自分になにができるかが明確になっている

志望動機を作る時、なぜその企業を選択したのかを明確にして伝えなければなりません。

この時に転職先で何がしたいのか、転職先で自分にできる事はなにか、という事が明確になっていればスムーズに志望動機を作成することができますし、信憑性が高い志望動機も作成することができます。

企業は抽象的な志望動機を嫌います。その仕事に興味があったから、その業界で働いてみたかったから、というような抽象的な志望動機では「他の企業でもいいのでは?」「別にうちじゃなくてもいのでは」「本当にうちで働きたいのかわからない」というような印象を持ってしまうんですね。どれもマイナスの印象です。

志望動機は採用、不採用を大きく左右するものになるので転職先で何がしたいのか、自分にはなにができるかを明確にして志望動機を作成しましょう。